NEX-6

今更NEX-6をGET

なんだか妙な病にかかって、思わずカメラを買ってしまいました。
今回GETしたのは、すでに型落ちのNEX-6。
オールドレンズ愛好家には人気のモデルです。
そして早速試し撮り。

広告

富士フィルム X-A1とNEX-6の撮り比べ

いつも使っているのは、富士のミラーレス入門機的扱いだったX-A1。
安いし、絵作りも好きで、普通に気に入ってました。

富士 X-a1

ただ、安いモデル故にファインダーが無い・・
ここがストレス。
とは言え操作性は何だかんだ良いから困ったモノです。

X-A1のjpg撮って出し

ではまずは富士X-A1から。
サイズ縮小のみで、基本的に加工は無しです。

X-A1でエンジン

X-A1でカメラ

こんな感じ。
結構暗い室内なのでISOは比較的上がってます。

NEX-6のjpg撮って出し

NEX-6でエンジン

NEX-6でカメラ

ホワイトバランスもAutoにしてしまったので、少し黄色くなってしまいました・・・。
レンズは共にSMCタクマー35mmF2です。

NEX-6の標準レンズ

NEX-6

実はNEXを買った最大の理由はデジタルオートなレンズが一つ欲しかったの・・・。
富士のXマウントは高いので、どうせならカメラごと・・・と思ってNEXに走ってしまったワケです。

正直標準レンズなんて大して期待してませんでしたが、何だかんだパッと使えますよねwww

NEXの標準レンズで撮影

甲乙つけ難し

明るい日の光の下は試してないので、まだ何とも言えませんが、何だかんだソニーは流石の機能が色々あります。
そして軽いし小さい。
人気のシリーズだっただけあります。

ただ、富士のミラーレスって良い感じの操作性なんですよね。
それは安価モデルのX-A1でも一緒。

ファインダーがあるとやっぱり便利だから上級シリーズに行けば良いんですが、実はNEXにも特殊で便利な機能があったりするから悶々とする訳です。

ただ、やっぱり人気の理由が使い易さだったワケですから、持ち歩く回数が増えるのはNEXかも知れないなー。

ではでは、今回はレビュー的な記事でした。

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop