引越しでやった事 その3 簡易内窓の設置

引越しでやった事シリーズですが、今回は簡易リフォームネタ。
引越し先は古い店舗付き住宅なので、やはり寒い。そして暑い・・・かも知れない。
何せ古い家なので。
少しでも快適にしたいなーと思って自分で出来る部分をリフォームしているワケですが、窓対策は結構良かった。

広告

光モールの内窓キットで簡易二重窓化

断熱の事を調べると、窓からの温度低下の割合ってのはかなりのモノらしい。
ガラスの熱伝導率を考えれば当たり前かも知れない。

大手メーカーからも二重窓キットは販売されていますが、ナカナカ高い。
それにきっとソコソコ重いだろうから施工を一人でやるのは億劫そうだな・・・
と思い、樹脂&ポリカボードを使う光モールの内窓キットを使ってみる事にしました。

施工

キットに含まれるのはあくまでもフレームのみ。
ポリカーボネートボードは近所のホームセンターで手配してきました。

画像だと全然分かりませんwww
ですが、二重窓になっています。

施工はいたって簡単。
窓枠に合わせてフレームをカット。
そんでポリカボードを窓にする為にカット。

切り出す寸法の式も説明書にあるので楽ショーです。

私はフレームはサンダーで切ってしまいましたが、ノコでもOK。

効果は??

実は、本格的な冬になる前に施工してしまったので、効果を大きく体感はしていませんwww
ですがきっと効いています。

寒波の時も室内が大きく冷え込む事は無かったし、内窓を開けると
ヒュ~っと寒い空気が流れ込んできますからね。

理屈的にも空気層が多く出来るので、断熱効果は確実でしょう。
夏の冷房効果も高まるはず。

ですが結露はどうしても出ますね。
北側の窓はどうしても変化が大きいので、結露は収まりませんでした。

とはいえ、確実に効果があると思えるモノでしたので勢い余って全ての窓を施工してしまいました。
その効果か確実に以前の家程冷え込みは厳しくないので、引っ越し前より確実な快適さをGETです。

ではでは

  • hatena

人気のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop