Cannondale CAAD10

今度はキャノンデール CAAD10 を買ってみた(笑)

お酒の勢いって怖いですねー。
また買っちまいましたよwww
今度はCAAD10。
カーボン殺しと言われたアルミロードです。
ホントにバカなんですね ワタシ。

広告

カーボンキラー Cannondale CAAD10

カーボン殺しと言われるバイクは色々あるけれど、
やっぱりワタシの中ではキャノンデール。

一時期はアルミで戦い続けてたメーカーですからね。

それに何だかんだ私はCAADシリーズに妙に愛着があったりして若干贔屓目なのですな。

そんな事もあって、R4000、SIX13、SuperSIXと遊んで来たわけですが、
ここにきて再びアルミフレームのCAAD10をやらかしてしまったワケです。

Cannondale CAAD10

Cannondale CAAD10

Cannondale CAAD10

コンポはある程度SuperSIXから移植です。

という事で、増車では無く入れ替え・・・。
普通SuperSIXからCAADに入れ替えなんてしないんだろーけど、
カーボンフレームはマドンがお気に入りなので、
やはりアルミが一台欲しかったのです。

とは言え、酒の勢いでも無ければ入れ替えませんがwww

Made in USA のSuperSIXはそれなりに気に入っていたので、やや暴走です。

しかしながらCAAD10はアルミにしてはやはり軽い。
写真の状態で約8.2キロ。

現在はSuperSIXのコンポをフル移植して7.9キロになりました。
7キロ半ばまでは結構余裕でいきそうですね。

乗り味は・・・硬い。
当然だけど、当時フラッグシップだったSuperSIXのが上質ですねwww

とは言えアルミならでは気軽さがありますから、これはコレで良しとしましょー。

という事で、当面CAADを触ります。

ではでは。

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop