Six13

キャノンデール SIX13 と SuperSix

少し前に何となくフレームを物色しておりました。
そこで見つけてしまった地元から出ていたキャノンデールのSupersix。
見に行ってみたトコロ、ちょっとしたご縁でSIX13まで買っちゃってキャノンデール祭りになってしまった私の工房です・・・。

広告

キャノンデール SIX13 と SuperSix をゲットだぜwww

完全に調子に乗って散財してしまいました。

SuperSixに興味があって見に行ったら、
そこに置いてあったSIX13まで興味が出てしまい
ついつい2本とも購入してしまった・・・。

という事で、コンポが比較的付いていたSIX13は即組んでみました。

Cannondale Six13

Six13

Six13

本当はホリゾンタルが好きなんだけど、興味あったしR4000から幾つかパーツを移植して組んでみました。

このSIX13ってバイク、少し前まで存在を知りませんでした。
調べてみると2009年位まで存在していたモデルなのかな?

このバイクは多分2008年だと思う。

何でもトップとダウンチューブがカーボンで、他がアルミというチョット変わった組み合わせ。

Six13

バックがカーボンは乗った事あるけど、前がカーボンとはキャノンデールらしい。

よほどアルミに自信があるんでしょうな。

で、乗ってみたトコロ非常に良い!!

大して軽くない、というかマドン6の後だとむしろ重いんだけど、
何というか乗り心地が凄く良い感じ。

とってもマイルドでツーリングしたくなる感じ。

早いなー とは全然思わないけど、実は適度にスピードのってる感じだろうか?
試してみたい程度でしたが、思いのほか気に入ってしまって、ちょっと困ったな・・・
Supersix組んだら売る予定だったのにwww

トリプルXのステム

以前の持ち主さんはお金持ちなようで、クソたけーステムとかハンドルが付いてた。
コンポもフルデュラです!!

自分じゃ買わないような高額パーツが付いてて目がくらんだけなのに、
フレームも気に入ってしまいましたよ。

Six13

Cannondale SuperSix

そして本当の目的だったSuperSix。

SuperSix

BBが無いので、後日組んでみる予定。

このフレームをGETした時、BBのトコロにベアリングのアウターだけが残っていた。
多分固着してアウターを取る事が出来ずに放置されてたっぽい。

上手い事抜けたので、BB30では無くてホーローテック化する予定。

SIX13が思いのほか良かったので、場合によってはコンポ兼用にしておこうかなーという企みです。

Cannondale R4000

そして今回、出勤号引退となったR4000。

R4000

何だかんだルックスは1番好きなんだけどね。

スレッドステムのほうがカタチ好きだし、ホリゾンタルも好き。
この頃の極太異形チューブのフレームも好きなのですが、
何台も組んだまま置いておけないし、
自転車もバイクも乗るのは人間1人ですからね・・・

影分身の術が使えれば、沢山楽しめるのになー

という事で、しばらくウチの工房はキャノンデール祭りが開催されておりますwww
ではでは。

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop