各自転車の重量計測

自転車いじりをやっていて非常に気になる総重量。
本当に軽量化出来ていたりするのか?現在何キロくらいなのか知りたくて、吊り下げの秤をGETして計測してみました。

広告

2008年 キャノンデール supersix のフレーム重量

SuperSix

恐らく、2008年と思われるsupersixのフレーム。

現在裸の状態なので都合良く計測です。

supersixの軽量

こんな感じで吊り下げて軽量。

約2120g。

ステムとFディレーラー、シートポストが付いてる状態なので、フレーム単品は2k未満でしょう。
1.8k位でしょうか?

キャノンデール R4000 のフレーム重量

次はキャノンデール R4000。

R4000

R4000のフレーム軽量

2395g

2395g。
BBとシートポストが付いた状態なので、以外にも結構軽かった。
フルアルミとフルカーボンで、年代もそれなりに違うのに、この程度の差なのですね・・・。

ステム周りだけちゃんと考えて軽量化すれば、R4000でも結構いける気がしてくる。

そーなると俄然手放したくなくなってきたな・・・。
もっと重いと思っていただけに、ちょっと意外な結果。

トレック マドン6 の総重量

せっかくなのでマドン君の現時点の重量も計測です。

7240g

7240g。

流石に軽い。
ブレーキとSTIを軽くして、軽量なチュブラーに変えれば6キロ台ですな。

キャノンデール six13 の総重量

Six13

写真撮るの忘れましたが、約9kg。

もった感じ結構重い感じはしてましたが、やはり8k台ですらなかった・・・。
コンポは全てデュラだし、ハンドルもステムもボントレガーのフルカーボンなのになぁ。

やっぱりホイール関係が思いのかな?
と思って、フロントホイールを計量してみたらタイヤ込みで1400g位あった。

スピナジーREV-Xって軽くはないホイールだけど、これは流石に重すぎ。
明らかにタイヤがクソ思いのだと思う。
ホイール単体で840gだったし、600g近くタイヤとチューブでもっていかれてる。

軽量なタイヤとチューブにすれば800g位は軽くなるかなー。

それでもまだ7k台に届きそうもなくチョット残念でした。

とはいえ、乗り味はかなーり好きなのですが・・・

計測に使った吊り下げ秤

今回計測に使った吊下げ秤はコレ↓↓

遊び半分なので目安が分かれば良いやって感じなら十分。
超激安でしたwww

アナログな秤と比べると精度は微妙な感じだったけど・・・。

ではでは

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop