SuperSix

BB30のホーローテック2化

少し前に引き取ったキャノンデールのsupersix。
こいつを組み上げる為に、BB30をホーローテック2で利用できるようアダプターをインストールします。
そしてSuperSixを組み上げます。

広告

BB30をアダプターでホーローテック化します

BB30のホーローテック化は色々なアダプターが出てるけど、
シマノのBBは安いんで、全部シマノが使えるようにFSAのアダプターで行く事にします。

↑のアダプターをBBのスリーブに圧入するわけですな。

インストール手順

BB30アダプター

まずはアダプターを冷凍庫でキンキンに冷やしておきました。
少しは縮むかな?と。

そして片側にグリスを塗って圧入開始。

圧入

ロングボルトとプレートで圧入です。
この時ちゃんと芯が出て無いとナカナカ入らない。

なので、予めプラハンで叩いて少しだけ奥に入れておくとスムーズかも。

その後、片側を抜けたトコロでスリーブを拭き吹きしてネジロックを塗布。

インストール完了

そしてインストール完了。

その後、1日放置してBBとクランクを取り付けです。

クランク取り付け

こんな感じでコンプリート。
お疲れ様でした。

SuperSix 組み上げ完了

そんなワケで、Six13から部品を移植してSuperSixを組んでみました。

SuperSix

SuperSix

何かステム周りがダセー。
ここら辺は要修正だな・・・。

重量計測

現在の状態の総重量を計測してみます。

8375g
8375gか・・・。
マドンより1K以上重い。

まぁ ペダルレスで8kg切り。
タイヤとホイール軽くすれば、もう少し軽くなるけどそこまではやらない。

Six13と比較

ほぼ同じような組み合わせだったSix13と比較です。

8785g
8785g

その差410g。

Six13に付けていたデュラのブレーキはマドンに移植したので、その差を考慮しても良いとこ450g位軽くなってる感じ?

一応フレーム、フォーク、ステム、シートポストの状態でも計測してみた。

2600g
2600g。

やはりそんなもんでしょう。

こーして測ってみるとR4000が意外と優秀で凄く惜しくなってきたぞ。
似たような状態で2400g位だったからなー。

そしてルックスは一番好きだった。

乗り心地とか、効率とか、新しいほうが良くなってるのだと思うけど、
こーゆー目に見える数字だけだとナカナカ悩ましくなりますね・・・。

ではでは

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop