エイサー L5100 のCPU交換とBIOSアップデート

かなりどうでも良い様なニッチなネタですが、サブPCのエイサーL5100を少し現代レベルにしようと思って作業していました。
それ古くね? って思う人はエイサーファンですか?
2008年位のスリムデスクトップなので非常に古い機種ですが、win10の挙動チェックの為に使っています。

とはいえ、使いやすい位置に鎮座させてしまったので、もう少しどうにかならないかと思ってCPUを交換してみました。

広告

L5100をAMD X4 で4コア化

もうすぐ10年前のPCとなるL5100は時代遅れなAMDの2コア。
PICT_20151226_192427

それでも、ぶっ壊れたPCのCPUを奪い取って少しは早くなってたのですが、win10だとチョット厳しい。

win10って4コア前提なんだろうか?
2コアのままだとwin7と比べてかなりモッサリ。

今やインテルi7は8コアとかあるらしい凄い時代なので仕方ないのでしょうが、
PCでゲームなんてやらない僕には4コアで十分。

コード書くのも、画像編集も重いソフトは大嫌いで軽いものしか使わないので、
8コアとか絶対いらない気がする。

で、調べてみたらAMD X4のcpuを認識させられるらしい とありました。
ただしBIOSバージョンで認識しないともある…。

BIOS更新は未知のゾーンだったのですが、どうせサブ機。
やる事に決定!!

BIOSアップデートの流れ

今時の機種はウィンドウズ上でアプデ出来るらしいのですが、彼(L5100)にはそんな機能無し!!
エイサー本家のアプデファイルも何故か弾かれる(汗)

で、この手の情報が多い2chに行き着き読んでみると、DOSモードでやるらしい・・・・

流れは
フロッピーディスクにMS-DOS起動ディスクを作る。
そしてブートさせ、BIOS更新。

しかし、フロッピーディスクドライブなんてあるワケない・・・

という事で、
順序は

仮想フロッピーディスクドライブを作る
↓↓
出来たMS-DOS起動ディスクファイルとBIOS更新ファイルをISOに変換。
↓↓
CD-Rに書き込み。
↓↓
CD-RからブートさせBIOS更新ファイルで更新!!

という感じ。

BIOS更新完了でCPU認識

eisax4

完了です!!
無事にBIOSは更新され新たなCPUが認識されました。
・・・ただCPUがunknownになってるけど(笑)

ちなみにCPUは
AMDのX4 910E

省電力の可愛いヤツです。
なのでワリと高かった・・・

ついでにbiosのバージョンが更新されたお陰でメモリも4Gまで積めたのは大きい。

全てバージョンアップされたお陰で随分快適になりました。
もしかしたらメインで使ってるノートよりも早くなったかも・・・。
発熱も少ないのかファンもあまり回らないのがとても良い。

そんなこんなで、古いPCでもデスクトップなら何とか使いまわす事出来ますね。
とはいえスリム型だから自由度は低いですが、マザーボードがぶっ壊れるまで酷使してやろうと思います。

ではでは それこそ誰も興味なさそうなネタでスイマセンでした。

  • hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。