プロクソン フライスマシンをCNC化する その2 Z軸編

前回チャレンジを始めたプロクソン フライスマシンのCNC化。
Z軸関連の材料が届きましたので。Z軸のNC化をやりました。
今回でCNC化のメイン作業は完了です!!

広告

プロクソン フライスマシンのCNC化 Z軸編

今回はやや面倒な作業が待っているZ軸です。

Z軸のNC化は本体に手を入れる必要があるので、別のボール盤があったほうが良いです。

という事で今回だけのためにドリルスタンドをポチリました。

やすい割に良い感じの構造です。

という事で、プロクソンのフライスモーターをドリルスタンドに取り付け作業です。

こんな感じでギリギリで取り付け可。

そしてプロクソンフライスのモーターマウントにタップを立てますよー。

・・・・・。

完成!!!

はい
いきなり完成ですwww

20年近くブログやってるのに、いっこうにブログの事を考える脳ミソになりません。
という事で途中経過の画像無し!!

でぃてーる

途中経過は無いけど細部です。

Z軸はこんな感じでモーターをマウントしています。
Lアングルをフライスで加工して、本体とボルト止めです。

ボルト止めするためにタップ穴をあける必要があったのです。

こんな感じですな。

モーターの背面にあたる部分は、フライスで削って薄く加工しています。
1mm厚ってトコロです。
完璧に削っても大丈夫そーだけど、一応剛性確保。

あとはおまけの加工。

GRBLコントローラーを本体支柱にマウント。

XY軸にプロクソンフライス純正のハンドルメモリ??を装着。
たまに手回しのが速い作業もありますからね。

あと原点出しにも使える。

そんなわけで

完成!!!

テスト稼働

いきなり材料削ると勿体ないし、ゴミがメンドイのでボールペン加えてテスト。

Z軸の動きが加わるとCNCって感じですwww

そして、細いボールペンで精度確認。

インクが薄れてきちゃって微妙な陰影が出てますが、
バックラッシュの追い込みがかなり良い感じになったので結構な精度が出てます。

次は何かしら削ってみる予定です。

ではでは。

  • hatena

人気のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop