FUJINON 55mm F2.2 絞りF5.6

FUJINON 55mm F2.2 のバブルボケを探る

仲良しのカメラ好きの人からFUJINON 55mm F2.2の絞った時が知りたいと言われたので、今日もこのレンズでちょい散歩。
それにしても寒いですね・・・。

広告

FUJINON 55mm F2.2 のバブルボケ例

今回は絞ったり開放だったりを試してみました。
あと高画素ズームも試しましたが、RAWで保存出来ないのでAPS-Cモードで撮影。

ですので、35mm換算で82.5mmってトコロです。

FUJINON 55mm F2.2 開放

後ろの距離感がこの位だと、そこまで炸裂しない。

FUJINON 55mm F2.2 開放
この辺でバブルボケが分かりやすく出る。

FUJINON 55mm F2.2 絞りF5.6
絞ると五角形。
これはこれで良い。

FUJINON 55mm F2.2 開放
これは公園の芝生が玉ボケになってる。
ベンチから地面の距離感位で分かりやすく発生。

FUJINON 55mm F2.2 開放
開放

FUJINON 55mm F2.2 絞り5.6以上
確か5.6以上絞ったと思う。
風で背景が流れてる。

FUJINON 55mm F2.2 開放
逆光気味の開放。
フードは付けてます。

FUJINON 55mm F2.2 開放
これも逆光の開放。
フレア出てますね。

FUJINON 55mm F2.2 絞り1段
絞り1段 …もしかしたら2段。
少し絞れば5角形になってくる。

FUJINON 55mm F2.2 多分F5.6
確かf5.6。

FUJINON 55mm F2.2 開放
開放。
地面は落ち葉なんですが、もうモワモワで何だか分からない。

とりあえずこんな感じで、やっぱりこのレンズ面白い。
ジャンク玉をもう一つ見つけてストックしておきたいかも知れない。

ついでにGalaxy S7 Edge

散歩中はあまりスマホで撮らないんですが、最近のスマホは本当に良く写るから何となく試してみた。
ちなみに2倍の純正アタッチメント付けて試してます。

Galaxy S7 Edge-1
フレア出てますね。
アタッチメントの影響かな?

Galaxy S7 Edge-2
純正だけにアタッチメント感はあまり無い。

Galaxy S7 Edge-3
フジノンのモアモア写真と同じ場所。
これでも小さな玉ボケは出てる。

一時期からのハイエンドスマホの写真って本当に良くなりましたよね。
逆に言えば、それだけ処理エンジンで最適化出来るって事なのでしょう。

超テキトーに撮ってたから、ピントが怪しいけどAFも早いし。

ワタシはデジタル技術も嫌いじゃ無いけど、ある意味レンズの力で頑張っていたフィルム時代のレンズのほうがドラマを感じます。
といってもデジタルで撮ってる限りレンズから後は大なり小なり補正がかかるワケだけど、デジタル補正ありきでは無かったからこそ、このフジノンみたいな炸裂したボケを生み出すレンズを世に送る事が出来たんじゃないかなー。

ある意味廉価版らしい銘廉価レンズだと思う。

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop