ZUIKO 135mm f2.8

Olympus E-Zuiko 135mm F2.8

取り掛かっていたWEBサイトが随分落ち着いてきたので、またレンズをGETしてしまいました。
落ち着く度にレンズ増やすのもアレですね・・・。
で、今回GETしたのはウチに遊びに来る方にOM好きの人がいて、すっかり洗脳されてZuikoレンズです。

広告

オリンパス Zuiko 135 F2.8

ZUIKO 135mm f2.8

ワタシの一回り年上の方達がOM-1世代でしょうかね。
結構沢山いますよね。OMファン(フィルムの)。

実際、コンパクトで素敵なので分かります。

で、今回GETしたのは90F2のような銘玉では無く、135mmf2.8というマイナー玉。

とりあえず持っていない画角を というのが一つと、
試したい事があったのでこの微妙な画角のレンズを選んでいます。

Olympus E-Zuiko 135 F2.8

恐らく初期の頃でしょうかね?
銀縁が素敵。

Olympus E-Zuiko 135 F2.8

ZUIKOのレンズにしてはイモっぽく無い形です。
あの【ずんぐりむっくり】な形嫌いじゃ無いんですが…。

それにしても、組み込みフードの精度が良いですね。
とても良い塩梅でフードを伸ばしたり戻したり。

とても生真面目なメーカーだと聞いていましたが、それを伺える感触。

試し撮り

いつも近所の公園。
紅葉ももう終わりですね。

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 01

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 022

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 03

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 04

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 05

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 06

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 07

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 08

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 08

公園で珍しく?イベントやってました。
栃木もの作りフェア?かな?

ワタシもこーゆーのに参加したほうが良いんでしょうね?

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 09

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 10

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 11

ついでに近所をお散歩。

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 12

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 13

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 14

Olympus E-Zuiko 135 F2.8 - 15

感想

評判通りで面白味も無い感想ですが、開放では柔らかさもありつつピント面はシャープです。
絞るとオリンパスらしいのですかね?カリっとシャープです。

コントラストも良いです。(一部画像は弱くしてます)

実は最初撮った時に、
おっ 何か良いかも!!
と思えたレンズでした。

小難しい事は分かりませんが、感覚的にそーゆーのがあるモノは愛せます。

ついでに、今回のレンズは恐らくモノコートだと思うのですが意外と逆光にも耐性があります。
逆光

MCも存在するので、どのくらい違うのか試してみたい。

ヤバいなー オリのレンズ増やしてしまいそう。
マウントを増やすと沼が広がるのが嬉しくも悲しい所であります。

全画素ズームを使ったエセ望遠

で!! なぜ135mmなのかというと、Sony a7であれば全画素ズームを使用すればMAX270mm。
そして元は135mmなので手持ちでも気軽に撮れるエセ望遠レンズに変わるのであります。

フルサイズ
通常だとこう↑

全画素ズーム2倍
全画素ズーム2倍でこう。
F値換算だと5.6なのでボケは出難いですが、明るさ自体は2.8ですからシャッタースピードも稼げますから手ブレは然程おきません。

分かりやすいのだと、

フルサイズ
通常時↑

全画素ズーム2倍
全画素ズーム2倍

撮ってからのトリミングでは無いので、デカい画で出してくれます。

これでMF運動会レンズになりますwww

1.5倍だと大凡200mm相当になり、135-270mmをこなせるのはナカナカ良いです。
デカい望遠なんて持ち歩きたくないし・・・

そんなわけで、初めてもOMシステムはかなり気に入りました。

OMマウントでは便利さを求めてレンズ揃えようかな。

ではでは。

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop