保育参観

どうでも良い様な、ワタクシ事では御座いますが、
本日は次男の保育参観で御座いました。

次男の様子は相変わらずなので、置いといて、
園長先生の話を聞いていると、
毎回、母とダブってしまいます。

実はワタシクの母も元教育者。

やはり思考が被るのでしょうか、
非常に似た感覚を有しておられるようでした。

素晴らしい正論。確固たる信念。
組織の長として
一つの完成された人間像なのかも知れません。

それに比べ、
当然若い担任の保育士さんは未熟さ満載。

でも、きっと、悩み、苦しみ、日々反省し、
必至に頑張っておられるのでしょう。
ひたむきな姿に好感が持てました。

中には未熟さが気になり
不安なご両親もおられる事でしょう。

でも、未熟だからこそ、
悩み、苦しみ、葛藤の数の分、伸び白があり、
新たな発想、思考が出来るのだと思います。

正論なんてモノは一つでは無いし、
ブレブレの信念だから、
様々な方向から考えられる良さもあるのだと思います。

きっといつか、自分なりの答えを見出し、
時にはブレて悩んでみたりして、
伝えて行くんだろうな。

そーゆーのって何か良いなと思いました。

  • hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。