Tamron 18-200mm F/3.5-6.3 di III VC (B011) と α6000

今日もカメラネタで御座います。
APS-CのEマウントをサブ機に変えてから一番最初に買ったレンズがコレ。
Tamron 18-200mm F/3.5-6.3 di III VC (B011) 。
元々、このレンズが欲しくてサブ機もEマウントにしたようなもんだったりします。

広告

普通に便利なTamron 18-200mm F/3.5-6.3 di III VC (B011)

このレンズ、1本でホトンドの実用域をカバーするとっても便利な高倍率ズーム。
手振れ補正もシッカリしてるし、ファストハイブリットAFもOKで至れり尽くせりなワケですな。

実はα7のAFサブレンズとして欲しかったりもしたのですが、α7だと高画素では撮れませんから踏ん切りがつかなかったワケです。
そんなこんなでAPS-CのEマウントを手に入れてまず買っていたワケで御座います。

試し撮り

このレンズ、とりあえずパパの運動会レンズの予定なので、持ち歩く事は旅行以外では無いと思うんだけど、一応カメランニングに出て試し撮りしてみました。

感想

特段面白くも無いんだけど、凄く便利。
手振れ補正もやたら効くので、結構絞っても余裕。

広角側では全く寄れませんが、ズーム側でかなり寄れますのでマクロっぽい撮影も出来ますね。

もうちょっとズームリングがスムーズだと良かったんだけど、もしかしたら私の玉が不調なだけなのかも知れない。
レビューサイトとかではスムーズって書いてあるし。

そんなワケでサブ機の便利ズームとしては十分な性能がありそうなので、満足であります。

旅行先に沢山レンズ持って行きたいくない時はコレ一本で事足りる感じですね。

ではでは

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop