3DプリンターでXL250Sのバッテリーケースを作る

前回のトラブルでやっと重い腰を動かす事にしました。
タイトルの通り3Dプリンターでバッテリーケースを作ります。

広告

完成

PICT_20160715_131146

PICT_20160715_131223

完成しましたww

密度を25%にしたのでやや柔らかいですが、大丈夫でしょう。

当たり前ですがドンピシャの大きさです。

ちなみに12V化されているので純正とは違うバッテリーです。

取り付け

取り付けは簡単に外せるようにタイラップ止め。

PICT_20160715_132710

コース行ったり、サーキット行ったりなんてナカナカ無いんだけど、
行きたい気持ちはまだ残っているので、
そーゆー機会にいつでも外せるように。

久々の3Dプリンター

かなり久々に3Dプリンターを使ったので
微妙に心配だったのですが、快調に動いてくれました。

ホコリ被ってたせいで1層目が荒れましたが・・・。

どうやら夏場のほうが温度変化が遅いから安定するのかも知れませんね。

使う機会が多いわけでは無いモノの、やはり面白いです 3Dプリンター。

やはりもう1台『Prusa i3』が欲しいかも知れない...。

ではでは

  • hatena

人気の投稿

3DプリンターでXL250Sのバッテリーケースを作るに2件のコメント

  1. こんにちは。私もxl250sを一昨日納車しました。
    知り合いから譲り受けたものですが、12V化されており、バッテリーが左腹のエアクリーナーの真下にパワフルに突っ込んでありました(笑)。「ここはアブねーよ!」と思いシート下にレイアウトしようと思いましたが、置くところねーよ!!と泣いておりましたが、ヌシ様のブログを拝見して一筋の光明が見えてきました。

    ボックスになるようなもを探してみます。ありがとうございます!!

    1. 次郎ラモ様
      私は3Dプリンタで作ってしまいましたが、軽いバッテリーなら薄いアルミ板加工でも大丈夫だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop