回想

どーでも良い事なんですが、フェイスブックで懐かしい友人からメールをもらって、何となく昔の写真に目がとまってしまった。

一枚だけパルコ時代の自分が写っている写真。

あの時から13年経ちました。

バイクが好きでハロルズギアを選びました。

本当はレースがやりたくて、ここに入れば出来るんじゃ無いかな??
なんて安易な気持ちで入ってしまった。

でも、そんな甘い話は無く、サーキットでコケて骨折したのがバレて、社長と当時の店長からサーキット禁止令を出されました(笑)

しかしながら仕事は楽しかった。

何よりもバイク乗りが多かったから、気が合うお客さんが多かった。
親しいお客さんの影響で乗ったバイクもあるし、僕の影響で乗るようになったお客さんもいるでしょう。

そんなお店が好きでした。

商品も好きだった。

素晴らしいホースハイドと、他にも面白い素材を使った様々なアイテム達。

声を大にしては言わないけれど、実はあのアイテムは僕が・・・というモノも結構あったりして、愛着のあるアイテムも本当に沢山ありました。

けれども、実はこの業界には幻滅もしていたなぁ。

デフレで低単価競争。
正直未来は無いかなぁ とも思っていたりもして、辞めるタイミングを計ったりもしていましたね。

○○さんが辞めたら自分も辞めよう とか、
○○さんが来なくなったら店を閉めよう とか
あのアイテムが定番から落ちたらもう辞めよう とか
けれども、結局今の今まで続けてきてしまいました。

入った当初、とある先輩に、
「いつまでも残ってると抜け出せなくなるぞ」
なんて言われたけど、本当にそうなりました。

10年以上続けていれば色々あるわけで、辞める辞めないに関わらず、本当に潰れてしまうかと思った時もありましたし、家庭の事情で店はもう閉めようと思った事も何度もありました。

少し前にも書いたけど、色々考えるとやっぱりコレなんだなぁ と思います。

QUOCUNQUE JECERIS STABIT

ラテン語で
クォークンクェ イェーケリス スタービット

心が折れそうな時は本当に何度もあったけれど、色々な人に支えられて、何とか立ち上がってこられました。

それはね 僕だけでは無くて、きっと他の皆も同じでしょう。

やっと手の届くトコロまできましたね。
辛かったけど、ワクワクする事にまた巡りあえて、
本当にありがとう御座いますm(uu)m
いやー ゾクゾクするなぁー
早くお披露目したい!!

  • hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。