中華CNC テスト稼働。CNCで刻印を作ってみました。

いつだったか忘れてしまいましたが、
一年以上前に中華CNCを購入しておりました。

なかなか作業出来る時間が無かったのですが、旋盤などを揃えてしまいましたので時間をぬって学習してみました。

広告

中華CNCをテストラン

見た事ある人も結構いるのかな?
と思われる中華CNC。

随分前から欲しかったのですよ。

なんだか外人さんたちのBLOGを見て超面白そうだった。

という事で購入していたのですが、忙しくて1年以上放置。

だって、CAMもCNCコントローラーも学習しないとだし、
英語とか中国語が多くて進まなかったんだもん。

が、しかし
ようやく学習しましたよ。

テスト動作

まずはCAMの特性をみるのに、木材でテスト切削。

集成材だったわりに綺麗に彫れました。
ここまでやるのに、CAMの設定は色々試しましたが。。。

CNCコントローラーも大体覚えた。

本番モードで刻印切削

木材ではそこそこ良い感じなったので、真鍮でいざ実験。

すげー
彫れてます!!

当たり前だけど。

面出しに細いエンドミルを使ってしまったので、
切削跡が細かいですが、実物はもっと良い感じ。

刻印として十分使えます。
真鍮なので焼印にも使えます。

まとめ

ここまでやるのに、エンドミル数本折ったり、
CAMの設定で試行錯誤したり、
Z軸のオートゼロの設定したりと色々やってはいますが
CNC面白い!!

私のヤツは5軸可能ですから、是非実験してみたいですな。

ではではー

  • hatena

人気のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop