SEL35F18 と α6000

相変わらずサブ機にしたα6000のレンズ選びで迷走しております。
で、もう迷走はやめようと思い間違いなく評判の良いレンズを買いました。
結局SEL35F18です。

広告

間違いの無い標準単焦点 SEL35F18

仕事の物撮りでは暗い部屋で撮る事もあるので、やはり手振れ補正は欲しい。
出来ればやや広角が良いんだけど、コスパの良いののが無かったので、フルサイズ換算で52mmほどになるSEL35F18。

このレンズが評判良いのは知っていたけど、
人気があるようで中古でもあまり値下りしておらず躊躇してた訳ですが、
悩んでる時間が無駄だと思い結局ゲットで御座います。

SEL35F18

パンケーキだと最高だったんですが、どうもEマウントのパンケーキは何かを犠牲にしてる感じなので、
F1.8の明るさでは非パンケーキでも仕方無いかな。
十分コンパクトではあるのでしょうし。

試し撮り

絞りの比較もしておきます。


絞り開放


絞りF5.6

最短距離付近の試し撮りも。


絞り開放で、それなりに寄ってます。

感想

開放から十分な解像感でとても良いですね!!
α6000の高画素を活かせるレンズのようです。

更に手振れ補正の効きも良いし、AFも早くて非常に良い。

マクロのようには寄れないけど、必要十分に寄れるレンズなので付けっ放しになりそうです。

標準はもうコレで決定。
人気のあるレンズなのが頷けます。

あとは広角をどーするかだなー

ではでは。

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop