VESPA ET3にHPフライホイール

VESPA ET3にHPフライホイールを付ける

長々と悩み続けているET3かLMLの絞込み。
似たようなバイク二台も必要ないですからね・・・ 先日のチャンバーに続き、今回はLMLにつけてるHPのフライホイール外して付けてみました。

広告

VESPA系はフライが効く

LMLやった時に分かっていましたが、VESPA系のノーマルフライは超重いんです。
外せば分かるけど、マジで激重。だからあの絶妙なトルク感なのだと思いますが、吹け上がりは著しく悪いわけです。

前回チャンバー変えて分かりましたが、しょっぱいチャンバーじゃ全然効果ナッシングTT。

このままではET3を手放してしまう・・・ と思ったのでLMLからHPフライを剥ぎ取り付けました。

VESPA ET3にHPフライホイール
VESPA ET3にHPフライホイール

ET3純正とHPフライの違いはこんな感じ。
LMLのフライ(多分PXも同じ)よりET3フライのが外径が小さいようで、HPフライの外径と大差無いです。
しかし、重量は全然違います。多分、チャンバーかえるくらいの感じで軽量化にも貢献しそうなくらい。

やっぱりHPは吹ける

付けてみた感じですが、やはり吹けますね。
多分チャンバー変えるより効果的だと思います。

また例の如く、動画でも遊びでUPしてみます。

ではでは

  • hatena

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


PageTop