ミッドウォレット 完成型

何度も何度もサンプルだけ作って商品にしてこなかった2つ折り財布。
最終型がやっと完成です。

まず、裁断から最初のコバ処理。

これ以外でも最近は良くやっていますが、各部コバ漉きをして、若干薄く見せてます。

革の途中から重なる部分は、その部分のみを漉いて厚みを抑えるわけです。

やならくても大丈夫だけど、やるとコバが少し下がるお陰で、全体にボリューム感が出た感じになるんです。
開きも少し良くなりますよね。

で、こんな感じになるわけです。
シンプル イズ ベストですね。

前までのサンプルではもう少し大きくしていたんですが、無駄を削ってコンパクトに、よりシンプルになりました。
内装少なくない?って思われそうですが、十分でしょ。

カードはココ。

革が固いうちは積み上げて入れるのが少し固いですが、結構余裕を持たせているので、馴染めば随分入ります。

真ん中の切り替え線は何?
って思われると思いますが、コレ↓

段々革が馴染めば、膨らみます。
するとカード枚数を減らした時に落ちるかも?
って思われちゃいそうですから、この部分がストッパーになるワケです。
ウチの仕上げも良く見えるからアクセントにもなりましたね。

もしも、カードが入りきらなかったら、札入れに入れて下さい。

カード入れてもはみ出さない高さに設定していますので。
シンプルですが、結局こーゆーのが使い易いと僕は思っています。

無作為に色々なパーツ増やしても分別出来るだけで、探す手間は一緒じゃ無いかなぁ・・・と思っていますが、そのうち内装イッパイのヤツも作ってみようかな?

多分そーゆーのがニーズあるのは知ってます(笑)
近い内にwebショップにUP致します。

  • hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。