りにゅーある

いつも作っていたロングウォレットをリニューアルしてみました。

そもそも、日本のサドルレザーの柔らかさに合わせ、差込部分を小変更しようと思ったのがキッカケですが、エスカレートして全部変えてしまいました。

しかしながら、結局またスカーティングレザーを仕入れたので必要無い手間になりましたが、せっかくなのでこのままリニューアルしようかな・・・

今回から全体的に微妙にラウンドしてます。
裁断が面倒になったのですが、
ボリュームが出て良いかな?と

差込の抑えも変更したのですが、
個人的に何か違うんだよなぁ・・・
もう一度書き換えますTT

よってコチラの財布はサンプル扱いになりますので、
欲しい方がおりましたら、
毎度ながらお安くお譲り致します。
きっとお徳ですよTT

一発成功を信じて、ちゃんと良い革で組んだのに・・・
新たに作ると、
どうも一発で成功しないのが僕のダメなトコロ
余計な時間使いすぎてます。

しかしながら、
前回縫った日本製サドルと今回のスカーティングレザー
やっぱり、財布など硬質なモノを作るなら
今のところスカーティングレザーだと思いました。

本物のサドルのスカート部分に使用されている
スカーティングレザーは密で腰があって堅い。
縫い縮みも少ないし、ふにゃっとしないのが良い。

表面はグレージング無しなので、原皮の細かい傷や、
うねりは全く隠れず、いかにも『革』って感じです。

使っていくと、銀面が少し潰れて密度感が増して、
艶も焼け色も良い感じで出ます。

作る時に軽く磨いているのですが、
本格的に磨き上げると良い艶出るんです。
疲れるんでやりませんが(笑)

綺麗なだけなら、文句無しで国内の革なのですが、
財布や成形物のバッグは
やっぱりスカーティングレザーを使っていく予定です。

逆に柔らかな雰囲気の物は国内のサドル使います。

ではでは、とりあえず 長財布は置いといて、
頼まれ物と、やっとこ作りたかった物達にとりかかります。

  • hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。